2018/04/19

平成30年4月18日 DHK協同組合ゼミ「能登谷博樹組合長 講演」


平成30年4月19日、DHK協同組合(能登谷組合長)では、4月の協同組合ゼミとしまして、現在dhk東京ヘアモ-ドアカデミ-会長であり、DHK協同組合組合長を歴任しております、能登谷博樹会長に新年度に向けた講演を行って頂いた。


 まずは、ご自身の経歴に沿ってお話し頂いた。


 能登谷博樹、昭和26年12月23日生まれ。父親の勧めで理容師になったが、理容師になった当初は面白みを感じなかった。

dhkに通い始め、競技に出会い、初めてこの仕事の面白みを感じ、各競技大会で優入賞し名を馳せ、昭和56年CMC世界大会で金メダルを受賞、同年全国理容競技大会第2部でチャンピオンに。

一旦競技を辞め、平成7年に競技に復活し、パリ国際大会からナショナルチームに入りし、「アメリカズカップ」「ソウルアリランカップ」にて金メダル受賞。

その後、国際大会審査員としても金メダルを受賞し、ナショナルチームトレ-ナ-として金メダル受賞に貢献した。


一方、サロン経営の方では昭和51年25歳でお店をオ-プンさせ、昭和56年に会社組織とし、現在の「株式会社能登谷」とした。

一時期は、10店舗までグル-プ展開を行っていたが大病をし、会社の規模を縮小。2008年に現代の名工を受賞、2010年9月には黄綬褒章を受賞。

現在は理容室2店舗、美容室2店舗、エステティックサロン1店舗の、5店舗でグル-プ展開を行っている。


能登谷組合長の経歴から、これまでの様々なお話しを聞かせて頂き、「仕事が上手い事が先決でなくてはならないが、仕事が上手いからお客様が来店されるとも限らない。それを踏まえて、まずは地域一番店になると言う事。お店も、家賃を極力0にする。頑張ってなるべく自己物件化した方が良い」と言うお話。

そして、「様々な支援措置を利用する事が可能となる、経営革新計画の承認を取得しましよう」とアドバイスを頂いた。


講演の最後には、参加者からの質疑応答が行われ、4月の協同組合ゼミは終了となった。


 
(通信 原田圭亮)

平成30年4月16日 dhk熊本支局開局記念式典


平成30年4月16日、dhk東京ヘアモ-ドアカデミ-(能登谷会長)では、熊本地震から2年目を迎える今日この日に、dhk熊本支局が開局となる。

開局にあたり、dhk熊本開局記念式典が、熊本県熊本市中央区にあります「セカンドサイト」5階屋外会場にて開催された。

司会者挨拶の後、黙とう。新たにdhk熊本支局としてスタ-トする新支局長の早野正巳支局長挨拶。


dhkを代表して、dhk能登谷会長から祝辞を頂き、dhk本部役員が紹介され、来賓から祝辞を頂き、熊本市理美容組合員の紹介が行われ、dhk熊本支局員の紹介、一旦閉会となった。

その後懇親会に移り、懇親会の後は、本日のメインイベントであるdhk熊本支局開局イベント「熊本復興ライブ」が地元の理美容師が観客として集い、盛大に開催した。



dhk熊本支局早野支局長がヘアショ-を披露し、「東西対決熊本合戦」と題して、東は関東代表として、dhk東京本部 佐々木貴保常任講師が、西は関西代表として、dhk名古屋支局 宇野竜三支局長が、東と、西のフェードカットを披露し、観客は2人の技術に酔いしれ、会場は大いに盛り上がった。

dhk熊本支局 早野正巳支局長
 
東は、関東代表 dhk東京本部 佐々木貴保常任講師
 
 西は、関西代表 dhk名古屋支局長 宇野竜三支局長
 
 最後に、主催者、参加者、観客の皆さんで熊本復興を祈願し記念撮影を行い、dhk熊本支局開局記念式典及び熊本復興ライブは終了となった。

熊本地方の復興と、dhk熊本支局のこれからのご発展をお祈り致します。


(通信: 全国教室局長 荻野勝幸)

2018/04/14

平成30年4月13日 dhk夜間講師ゼミ「目から鱗の毛髪理論」


平成30年4月13日、dhk東京ヘアモ-ドアカデミ-(能登谷会長)では、4月の夜間講師ゼミとして、毛髪理論の講演と、講師認定式を行った。


まず初めに講演から行い、以前この夜間講師ゼミで行ったオイルケアのディ-ラ-であります(有)オクトの八巻有弘代表をお迎えし「目から鱗の毛髪理論」と言うテ-マで、講演を行って頂いた。


「現在髪の毛が傷んでいる方が多い、それは何が原因なのか?今皆さんが持っている『傷んだらこれをしてケアする』と言う知識を外して下さい。」と言う挨拶から講演は始まった。

実は、髪の毛に良いと言う事でお客様に施術してた事が、「ちょっと違うんじゃないかな?」と言う、髪の毛本来の構造を理解した上で、サロンで使用している薬剤、化粧品の成分を再確認してみると、今までの自分の知識、見解に気付かされた。

いずれにせよ、「これで良いのか、悪いのか、私達は自分の目で良し悪しの判断が、目利きできる人間になって下さい」と八巻代表からのお話しであった。

その後、この春から新たにdhk助講師になった中森善裕助講師と、鈴木隆弘助講師の新人講師の認定式を行った。

 

 左から、能登谷会長、鈴木助講師、中森助講師
 
能登谷会長から、2人の新人講師に講師認定証と、講師バッジが手渡され、それぞれ挨拶をして頂き、会場にいた大勢の講師達から拍手喝采にてエールが贈られ、4月の夜間講師ゼミは終了となった。


※ブログのみの記事

滝野本部講師に、お子様が誕生しました!能登谷会長より、dhkから出産祝いが手渡されました。
女の子で、名前は「一縁」と書いて「ひより」ちゃんだそうです。


これからも、健康で、すくすくと成長して頂けますよう、dhk講師一同
成長をお祈りしております!(^^)



(通信 原田圭亮)

2018/04/09

平成30年4月9日 「平成30年度dhkプロフェッショナル講座開講式」in GAMO西荻窪スタジオ


平成30年4月9日(月)、dhk東京ヘアモ-ドアカデミ-(能登谷会長)では、西荻窪にあるGAMO西荻窪スタジオに於いて「平成30年度dhkプロフェッショナル講座開講式」が行われた。

冒頭dhk能登谷会長から挨拶を頂き


 「dhkも本年で創設63年目に入った。技術に終わりはない。毎年変化するモ-ドと、ファッションの変化に付随してヘアスタイルを提案して行かないと売上げは上がらず、生き残って行けない。このノウハウや、美しさの『美』と言う観点を提供するのがdhkであります。技術は裏切らない!一生かけて勉強して行く糧がある。是非修了式までステップアップして行けるよう、1年間頑張って技術に磨きをかけて下さい。」と挨拶を頂戴した。

引き続き、dhk役員の紹介が行われ、役員代表としてdhk緒方秀俊校長から挨拶を頂き


「1つの事を目標に直向きに続け、続ける事で出来るようになり、見えない事や、見えない物が見えて来ます。出来なかったら、講師に聞いて下さい。学ぶ機会は、dhkには沢山あります。年間を通じて、自分なりの目標を決めて頑張って下さい。」と挨拶を頂いた。

その後、各科科長より挨拶と、担当講師紹介が行われ、

メンズ科 畠山科長と担当講師 
 
レディ-ス科 玉川科長と担当講師 
 
ケミカル科 根本科長と担当講師 
 
 コンク-ル科 小松崎科長と担当講師
 
 職業訓練校 西田部長 と 競技局 丸山部長
 
各科からのプレゼンとデモスト行われ、開講式に華を飾って頂いた。
 


 

 
入講する生徒さんへのデモストが全て終了した後、各科毎に分かれてのミーティングが行われ、「平成30年度dhkプロフェッショナル講座開講式」は終了となった。

 
(通信 原田圭亮)

2018/04/07

平成30年4月5日 dhk富山支局「平成30年度第1回サロン局講習」

 
4月5日(木)、dhk富山支局(清水茂幸局長)では、高岡市の「ヘアーサロンふらっと」において「平成30年度第1回サロン局講習」が行われた。


今回は、㈱タカラベルモントと、ルベルの担当者をお呼びし、「ヴィージェ」のスキャルプメニューの商品説明とデモストを行っていただき、支局会員は手順を覚える為に相モデルになって実践した。
「ヴィージェ」は野菜が持つたくさんの栄養とそれぞれの機能成分を凝縮してつくられるサプリメントに着目し、年齢とともに変化する地肌と髪を整え実感できるケア効果を追求したものだそうだ。


ベタつきの気になる地肌には、レモン果汁などの収れん効果で皮脂の過剰分泌を抑制、皮膚代謝改善効果により地肌を整える「ヴィージェバランスサプリ」を使用、乾燥が気になる地肌には、高い保湿効果のあるオクラやアロエベラ多糖類の作用で、デリケートな地肌を健やかに整える「ヴィージェスージングサプリ」を使用、活力不足が気になる地肌には、赤ショウガの作用で心地よく温め血行を促進しワインエキスなどのポリフェノールの作用で保湿する「ヴィージェバイタルサプリ」を使用すれば良いと言う事であった。


講習の最後に清水支局長より、「単価アップにもつながる新しいスキャルプメニューを導入してみてはいかがでしょうか」と挨拶をいただき「第1回サロン局講習」は終了した。


(通信 手丸勝人)