2017/07/20

平成29年7月19日 DHK協同組合ゼミ「出店のやり方と成功例」


平成29年7月19日(水)、DHK協同組合(能登谷組合長)では7月の協同組合ゼミとして、タカラベルモントより3名のアドバイザ-をお呼びし「出店のやり方と成功例」と言うテ-マで講演を行って頂いた。


近年では、「おしゃれになりたい」と言う美活している男性が増え、安ければ良い時代は終わり、化粧品や、サロンでの施術等、美に対してお金を使うのは男性が多くなって来ている傾向にある。

それに伴い「悩み」と言う言葉がキ-ワ-ドになってきており、サロンを個室化し、悩みを相談しやすい環境にし、お客様をコントロ-ルする事、そして、普段何気なく普通にやっている施術を有料化する等のヘアメニュ-の検討する事も必要である。

現在では、家族経営でのファミリ-サロン形態は難しくなって来ており、経営者の趣味や、サロンに特化し、来て欲しい方にアプロ-チしたサロン作り、メインタ-ゲットを絞ったヘアメニュ―作りをして行かなくてはならない時代になって来ている。


理容師ならではの特技である「シェ-ビング」も、値段と技術を見直し、同じメニュ-だけではお客様が飽きてしまうので、1人1人の価値観に合わせたメニュ-を考え、入れ替えて行く必要性があると言うお話しをして頂いた。

私達の仕事は、技術や、サロンメニュ-等の現状に満足しては行けない、常にお客様側サイドに立った仕事や、サロン作りをやって行かなければお客様に支持されず、生き残って行けないと改めてそう感じた協同組合ゼミとなった。

 
(通信 原田圭亮)

2017/07/15

平成29年7月14日 dhk夜間講師ゼミ 仲山裕明常任講師による「スピエラ縮毛矯正」


平成29年7月14日(金)、dhk東京ヘアモ-ドアカデミ-(能登谷会長)では、7月のdhk夜間講師ゼミとして、dhk仲山裕明常任講師による「スピエラ縮毛矯正」の講習を開催した。

冒頭仲山講師から「スピエラは、臭いだとか、かかりが悪い等色々言われているが、コツをつかめばチオ以上にかける事ができ、カーリング剤の中では一番傷まないのは確かです。」とお話し頂き、講習がスタ-トした。


まずは、薬剤理論をパワ-ポイントで説明して頂き、女性モデルさんで技術解説して頂きながら講習が進んだ。


普通のチオベ-スの薬剤では、塗布する際根元付近に注意が必要で、薬剤で髪の毛が折れてしまう傾向があり、注意と技術が必要であるが、スピエラは髪の毛を膨潤させないので、薬剤を塗布する際に根元が折れず、自然な状態で薬液処理が完了できる。


アイロン技術に入る際は、水分量が重要で、この水分量の違いで仕上がりが大きく変わってくるそうで、微妙な水分量を多種の髪の毛に対応するには、それなりの経験値が必要な感じがした。

仕上がりは、サラサラで、物凄く自然な仕上がりで、ストレ-トパ-マをかけている髪の毛には思えない毛触りと、質感で、この自然な仕上がりがスピエラ縮毛矯正の仕上がりであると感じた。


見て、触って、感じて、素晴らしい勉強になった7月の夜間講師ゼミであった。



※ブログのみの特典

滝野健太講師が、6月に入籍致しました!能登谷会長より、dhkから結婚祝いの贈呈がありました。

滝野講師、末永くお幸せに!!





(通信 原田圭亮)

2017/07/12

平成29年7月6日 dhk富山支局「第6回サロン局講習」

 
 
 
76()dhk富山支局(清水茂幸局長)では、高岡市の「ヘアーサロンふらっと」において「第6回サロン局講習」が行われた。


今回は、高岡市のイラストレーター「でこりん」さんhttps://ameblo.jp/odecorin/popと資料を参考にして、各店舗の夏のpopを作成した。
 
 

「冷しシャンプー」のPOPでは文字の上に雪が積もったような表現をしたり、文字を氷っぽく角ばった字体にするとよりいっそう冷たさを強調できるということだった。
 
 

講習の最後に清水支局長より「出来上がったPOPを早速各自店舗に張って、夏のキャンペーンに役立てていきましょう」としめて頂き「第6回サロン局講習」は終了した。
 
 

 

(通信 手丸勝人)

2017/07/04

平成29年7月3日 dhk競技部「強化トレ-ニング」


dhk東京ヘアモードアカデミー(能登谷会長)では、73日(月)、東中野のdhkトレ-ニングセンタ-に於いて、dhk競技局競技部(丸山一樹局長)主催での強化トレーニングを行った。

関東甲信越大会を控え、東京2部代表の森 健太郎選手も気持ちの入った作品に仕上がってきている。
 

 
他の部員も、森選手の気持ちに負けない積極的な気持ちでトレーニングに取り組んでいた。
 
 

 受け身の練習でなく、作品への探究心と積極性を求めたトレーニングだったが、終了後には部員に充実感を感じれた良いトレーニングとなった。

 

(通信 dhk競技局局長 丸山一樹)

2017/06/30

平成29年6月26日 dhk新潟支局「第3回クリエ-タ-コ-ス講習会」


 

626日(月)、平成29年度第3回DHK新潟支局クリエーターコースの講習が開催された。
今回は、「個性を活かすコミュニケーション術、お客様の個性に合った接客方法を知り心を掴むことで良好な人間関係を築く方法」というテーマで、地元新潟で活動している個性心理学講師である富山貴子さんをお招きし、個性心理学を学ぶ講義をして頂いた。
 

 

個性心理学を簡単に言うと、自分の個性(本当の自分)を理解し、周りの人たちとの個性の違いを理解する事で、良好な人間関係を築くための学問で、生年月日が鍵となるらしく、前もって会員さんの生年月日をお伝えし、当日は全員分の診断結果を会員1人1人に渡して頂き、それを元に細かく解説して行くと言うやり方で講習が進んだ。



個性心理学と言っても統計学的側面もあるので、全てが全て当てはまるわけではないと思うが、近年いろいろと複雑な人間関係の現代社会においてはコミュニケーションの入りや、話題つくりなどにも使える。

個性心理学に関する書籍や専用の手帳などもプレゼントして頂き、帰宅後もより知識も深められ、とても面白く興味深い内容のセミナーであった。

 

(通信  佐藤 史朗)