2018/05/17

平成30年5月16日 DHK協同組合ゼミ 大久保常任講師夫妻による着付け、アップ講習


平成30年5月16日(水)、DHK協同組合(能登谷組合長)では、dhk大久保房徳常任講師ご夫婦に「夏を前にした、浴衣の着付け・アップセット講習」と題して講習を行って頂いた。

大久保講師のサロンでは、奥様が美容師と、理容師の両方の免許を持っている利点を生かし、成人式や、七五三、卒業式や、パ-ティ-等様々なニ-ズに対応したアップと、着付け、そして大久保講師が写真撮影と、夫婦二人三脚で行っている。


大久保講師からは「朝早く着付けや、アップを行ってくれるお店が少ないのも当店の利点」と話して頂き、奥様からは「美容室に勤めてた時は、アップはやっていたが着物の着付けが出来なかった。私が作ったヘアスタイルで、着物を着て出掛けて頂けたらな・・・と言う想いが強くなり、定休日を利用して毎週着物教室で勉強し、2年間かけて資格を取得しました」とお話し頂き、モデルさんをアップして浴衣の着付けを行って頂いた。
 
大久保常任講師の奥様の久美子さんです。

宣伝は、サロンのHPと、Instagramだそうだが、特にHPにお客様の写真を掲載する事で、問合せや、来店されるお客様が多いとの事であった。

 本日の浴衣モデルは、毎度毎度の小林由佳講師です。
 
 
モデルさんの着付けが終了した後、奥様がトルソ-を用いて名古屋帯を使用しての「二重太鼓」の帯の結び方をデモして頂いた。

かなりの重労働で、汗だくになるそうです!
 
浴衣はそうでもないらしいのですが、着物を着つけると言う事は、物凄く力のいる仕事であるそうで、しっかり締め付けないと形が崩れてしまうらしく、着付けは約1時間ぐらいかかる作業である為、締め付けで具合の悪くなってしまう方もいるとの事。

お客様の着付けが終了したら、写真撮影を行うそうで、その撮影の準備や、道具の費用、注意点、写真の撮り方等を、実際にサロンで行っている流れを追って大久保講師に説明して頂き、全ての講習が終了した。
 
 
 本日は、理容室を経営している夫婦でのお互いの役割を生かした、髪の毛から、撮影までの全てが1か所で完成する、そして撮影スタジオより非常に安価である、写真館顔負けの素敵なヘアサロン経営の講習であった。


(通信 原田圭亮)

2018/05/16

平成30年 東京都理容競技大会・千葉県理容競技大会結果

先日行われました、各都県理容競技大会においてdhkから沢山の優入賞者が出ましたのでお知らせいたします。


◆東京都理容競技大会

・第2部 レディスカット・パーマスタイル「Ladies hair Marge」 
3位   中森 善裕(仲山店) dhk競技部所属 レディース科講師 



〈 dhk会員店 〉

・第6部 グラデーションカット・フリースタイル
優勝  藤田 風美(能登谷店)


・第7部 ブロースカット
2位 下条 大貴(佐々木店)




◆千葉県理容競技大会


・第3部 メンズカット・パーマスタイル 
優勝 鈴木 隆弘(花島店) ケミカル科講師

・レディースカット・パーマスタイル 
優勝 島田 将斗(花島店)

・クラシカルバック・ボンバージュセット 
優勝 島田 将斗(花島店)

・フリースタイル 
準優勝  小林 汐音(花島店)

・クラシカルバック・ボンバージュセット
コンテスト科所属 5位 今野 亘(花島店)


7月10日に栃木県で行われます、関東甲信越理容競技大会に中森選手は東京都代表で、鈴木選手は千葉県代表で出場します。


関東甲信越大会、そして全国大会で優勝するためにも皆様、引き続き選手の応援よろしくお願いいたします。

 
 
競技局長 丸山一樹
 
 
 

2018/05/12

平成30年5月11日 dhk夜間講師ゼミ「新エステシェ-ビングの提案」


平成30年5月11日(金)、dhk東京ヘアモ-ドアカデミ-(能登谷会長)では、5月の講師ゼミとしてdhkエステシェ-ビングチ-ムによる「新エステシェ-ビングの提案」と題して講習を行って頂いた。

 
dhkエステシェ-ビングチ-ムとは、武知絹子常任講師をリーダ-に、畠山綾常任講師、富田きく江本部講師、小林由佳講師の、4人の女性講師メンバ-で成り立っている。

 
講習を始めるにあたり、武知講師より挨拶して頂き

「私達は、6年前に能登谷会長より『3か月で戦力になる人員を』と言う任務により結成された。皆様は、お客様1人1人の肌に合わせたシェ-ビングを行っているでしょうか。現在では、シェ-ビング専門店も多くなって来ているので、シェ-ビングと言う技術、肌は毎日生まれ変わっておりますので、触感技術にこだわりを持って施術に心掛けて頂きたい」

とお話しして頂き、講習に入って頂いた。


最初に、メンズモデルから施術が行われ、畠山講師が肌のタイプの説明と、肌の状態をマイクロスコ-プで解説、そしてリンパを流す説明を施術しながら解説して頂き、小林由佳講師がメンズモデルさんをシェ-ビング施術し、お顔のマッサージからの顔の表面のリンパを流し施術が終了。

マイクロスコ-プの動画をWifiで飛ばして、皆で共有して、スマホで映像を見る事が出来るんですね♪
 

続いて、レディ-スモデルでも同じく肌の状態をマイクロスコ-プでチェックし、富田講師がリンパマッサ-ジ、シェ-ビング施術を行いながら、畠山講師が解説を行った。



終わりに、武知講師より「行動するしないは皆さん次第です。肌に刃を当てられる仕事が出来るのは医師と、理容師だけです。これを肝に銘じてこれからも理容師として誇りを持って仕事を行って下さい」とお話し頂き、講習は終了となった。

今回、講習を行って頂いた、dhkエステシェ-ビングチ-ムのメンバ-は、日々大変忙しい中毎週集合し、この日の講習の為に準備して頂いた。

女性ならではの感性や、視点、そして気配り等、女性を扱うシェ-ビングサロンの在り方と言う観点において非常に勉強になり、実にハイレベルな講習であった。

エステシェ-ビングチ-ムはこれで終わりではなく、これからも更なる発展と、技術の追求を行ってまいりますので、今後共どうぞよろしくお願い致します。


(通信 原田圭亮)

2018/05/11

平成30年5月10日 dhk富山支局「第3回サロン局講習」


5月10日(木)dhk富山支局(清水茂幸局長)では、高岡市の「ヘアーサロンふらっと」において「第3回サロン局講習」が行われた。

今回は、㈱中野製薬の担当者をお呼びし、「フォリッジ温冷浴エステ」の商品説明とデモストを行っていただき、支局会員は相モデルになって体験した。


「フォリッジ温冷浴エステ」とは「フォリッジバブルクレイ」を塗布し頭皮マッサージを行い、頭皮の余分な皮脂を取り除き爽快感を与え、メントールと冷感持続成分(メントキシプロパンジオール)により冷やす。


次に「フォリッジリバイタライザー」を温めたものを塗布し頭皮マッサージを行い、保湿成分の植物エキスを頭皮に与える。

そして「フォリッジスキャルプエッセンス」を塗布し頭皮マッサージを行い、頭皮の炎症、フケかゆみ、頭皮臭を抑制し、毛根の細胞を活性化させる有効成分を浸透させ再び冷やし、冷温を繰り返すことで血行を促進し健やかな頭皮環境へ整えるものそうだ。


講習の最後に清水支局長より「冷温冷を繰り返す爽快なヘッドスパメニューとして導入してみてはいかがでしょうか」と挨拶をいただき「第3回サロン局講習」は終了し
た。

 
(通信 手丸勝人)

2018/04/24

平成30年4月23日 dhk新潟支局「dhk新潟支局プロフェッショナル講座」


4月23日(月)、dhk新潟支局(鷲尾 勉支局長)では、新潟を象徴する建造物のひとつビッグスワンスタジアム会議室において、平成30年度第1回dhk新潟支局プロフェッショナル講座を開催した。

今年度から役員新体制となり「dhk新潟支局クリエーターコース」から「dhk新潟支局プロフェッショナル講座」と名称を変え、新たに開局31周年目のスタートを切った。

第1回目の今回は、「40~50歳の女性に似合わせるパーマスタイル」をテーマに、新潟県出身の丸山一樹dhk東京本部常任講師によるクリエイティブな技術を披露。

40代女性をモデルにしたパーマでは、25~27mmのロッドを前髪以外の毛先全体に巻き、「ゆるふわカール」ロングボブを披露。注意点として「微妙なお年頃なので…若作りにならないように、老けさせてもいけないスタイル選定をする」と解説した。

また、「セニングカットやスライドカットのやり方もパサつきの原因となるので、若い子と同じ感覚で施術すると失敗のもとになるので注意をする」とのアドバイスがあった。

丸山講師は十数年前、dhk新潟支局に所属をしており、私達と一緒に勉強をしていた。

今回講習会に来た感想を聞くと、「知った顔が多く、言葉選びに戸惑いスムーズに運べなかった場面もあった」と述べたが、終始和やかな雰囲気だった。

そして最後に、「女性客の来店アップを考えるなら、男性スタッフは女性脳を理解した上で接客や施術に入る事が重要です。ぜひ頑張って女性客を取り込みましょう」とサロンにおける生産性向上の取り組みを示し、今回の講習は閉会となった。


(通信 鷲尾勉)

平成30年4月23日 dhk富山支局 マネ-ジャ-セミナ-


4月23日(月)、dhk富山支局(清水茂幸局長)では、富山県高岡市にて4月のマネージャーセミナー「高岡散策~山町筋から高岡大仏」を行った。

山町筋は、加賀藩二代藩主、前田利長が高岡の町を開いたことにより、伝統的な土蔵造りが今も数多く残る地域で、前田利長から町民に与えられた御車山を展示している御車山会館を見学できる。



高岡大仏は、奈良、鎌倉につぐ日本三大仏とも称され、延享2年(1745)に建立され、その後の2度の大火によって消失したが、伝統の銅器製造技術の粋を集め30年の歳月をかけて昭和8年に再建された。


観光ガイドの沢田さんの案内で見学させていただき、研修会の最後に清水支局長より「歴史と伝統工芸の町、高岡に触れに学んだことを各自の知識向上に役立てましょう」と挨拶をいただきマネージャーセミナーは終了した。


(通信 手丸勝人)

2018/04/19

平成30年4月18日 DHK協同組合ゼミ「能登谷博樹組合長 講演」


平成30年4月19日、DHK協同組合(能登谷組合長)では、4月の協同組合ゼミとしまして、現在dhk東京ヘアモ-ドアカデミ-会長であり、DHK協同組合組合長を歴任しております、能登谷博樹会長に新年度に向けた講演を行って頂いた。


 まずは、ご自身の経歴に沿ってお話し頂いた。


 能登谷博樹、昭和26年12月23日生まれ。父親の勧めで理容師になったが、理容師になった当初は面白みを感じなかった。

dhkに通い始め、競技に出会い、初めてこの仕事の面白みを感じ、各競技大会で優入賞し名を馳せ、昭和56年CMC世界大会で金メダルを受賞、同年全国理容競技大会第2部でチャンピオンに。

一旦競技を辞め、平成7年に競技に復活し、パリ国際大会からナショナルチームに入りし、「アメリカズカップ」「ソウルアリランカップ」にて金メダル受賞。

その後、国際大会審査員としても金メダルを受賞し、ナショナルチームトレ-ナ-として金メダル受賞に貢献した。


一方、サロン経営の方では昭和51年25歳でお店をオ-プンさせ、昭和56年に会社組織とし、現在の「株式会社能登谷」とした。

一時期は、10店舗までグル-プ展開を行っていたが大病をし、会社の規模を縮小。2008年に現代の名工を受賞、2010年9月には黄綬褒章を受賞。

現在は理容室2店舗、美容室2店舗、エステティックサロン1店舗の、5店舗でグル-プ展開を行っている。


能登谷組合長の経歴から、これまでの様々なお話しを聞かせて頂き、「仕事が上手い事が先決でなくてはならないが、仕事が上手いからお客様が来店されるとも限らない。それを踏まえて、まずは地域一番店になると言う事。お店も、家賃を極力0にする。頑張ってなるべく自己物件化した方が良い」と言うお話。

そして、「様々な支援措置を利用する事が可能となる、経営革新計画の承認を取得しましよう」とアドバイスを頂いた。


講演の最後には、参加者からの質疑応答が行われ、4月の協同組合ゼミは終了となった。


 
(通信 原田圭亮)